FC2ブログ

名古屋のソフト会社でシステム開発に励むSEのブログ

名古屋近郊のソフト会社で、システム開発に励むSEの軌跡。 業務知識や設計手法、人生哲学に経営思想等、生きた情報を公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

不機嫌な職場

先日、バルサンで部屋をスモークしていた為、ほぼ一日 外へ放置プレイ。
誰も遊んでくれないし、暑かったので、行き着け本屋で一日中読書。
その中で読んだ一冊の本を今日は紹介。

不機嫌な職場
「不機嫌な職場」

結論から言えば、管理者レベルの方に是非読んで頂きたい一冊。
内容は非常にマクロで、「こうすれば良くなる!」という
明確な情報はないが、戦略として得るものが多かった。

ただし読むのに非常に疲れる・・・
何故って?
だって研究論文みたいな文章ですもの。
専門用語が多々使われ、文章もカナリ難解。
※私の読解力が足りないというのもあるけど(^^;
著者まで確認してなかったけど、
どこかの学者か評論家が書いたような文章。
危なく寝るところでした。

が、がんばって解読すれば、得るものは大きい。
会社は、個人の力でなく、皆で協力して成果を出す場所。
組織力を高める為、どうしたら良いか?

考え方の基盤として、読んでみては如何でしょうか。

今日の一言
 「組織力 = 個人の力 × 個人間のつながり」

個人力を高めることに重きを置きすぎ、
個人間のつながりを弱めれば、結果として弱い企業となってしまう。
何事もバランスが重要なのです。

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<心も指先もあったまるオムそばの話 | HOME | 戦略と戦術の違い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。