FC2ブログ

名古屋のソフト会社でシステム開発に励むSEのブログ

名古屋近郊のソフト会社で、システム開発に励むSEの軌跡。 業務知識や設計手法、人生哲学に経営思想等、生きた情報を公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「返品」「取消」「再発行」バッチこ~い!

※フィクションです

コンパした!
かぁいい子いた!
仲良くなった!
実は彼氏いた!     ( ̄□ ̄;) 

※フィクションです!

セラミック業界が熱い!
株、大量購入じゃぁ~!
NYダウ大荒れ!
勿論日経も大荒れ!  <(´Д`)>

※フィクションですっ!!

とまぁこのように、人生 予想外の事が多々あります。
で、やはり業務システムでも、予定外ってのが多々あります。
それが「返品」「取消」「再発行」などなど。

例えば「再発行」できないシステムだと、
発行後に大切な書類がヤギに食べられたらどうしますか?

だから先ず、こういった例外的パターンを全て洗い出す事が重要です。

次にその例外が、どれくらいの頻度で発生するかを確認します。
1年に1回なのか、1週間で1回なのか。

そしてこれら例外的業務を
「運用でカバーする」「システムでカバーする」かを決定します。

頻度が低い例外であれば、運用でカバーして頂くのも良いでしょう。

だって何でもかんでもシステムで対応してしまっては、
複雑怪奇・修正不能のお化けプログラムが誕生しちゃいます。
そうなっては、もはや誰も喜ばないでしょう。
※ソフト会社:少しさわるとすぐに不具合 改定時間がかかり過ぎる
※お客様:ちょっとした機能追加でも、改定費用が高すぎる

今日の一言
 「猿の仲間は現在、193種生存している。
  そのうち、192種までは毛で被われている。
  唯一の例外は、自らヒトと名乗る裸のサルである。」


テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

システム設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<赤黒って何よ? | HOME | 「相殺」って何よ?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。