FC2ブログ

名古屋のソフト会社でシステム開発に励むSEのブログ

名古屋近郊のソフト会社で、システム開発に励むSEの軌跡。 業務知識や設計手法、人生哲学に経営思想等、生きた情報を公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

相互リンクでアクセスアップしませんか?

そろそろ記事も溜まってきましたし、
右側のメニューを充実させていこうかなと思う今日この頃。

本日は、相互リンクをいくつか設定してみました。

因みに相互リンクとは、
 「ウェブサイトどうしがお互いにリンクをはり合う事」を言います。
流石にブロガーの皆様はご存知ですよね。

じゃあ相互リンクすると、どういったメリットがあるのでしょうか?
ズバリ言いますと「自サイトへのアクセス数が増える」のです。
つまり多くの人に自分のブログを読んでもらえるという事です。

でも、相互リンクでどうしてアクセス数が増えるのでしょうか。
勿論理由があります。以下にまとめてみました。

【相互リンクでアクセスアップする原理】
1.互リンク先のサイトを見た人が、そのリンクから自分のサイトにアクセスする
2.良質なサイトからのリンクが増えると、Google等での評価(ページランク)が上がる
  評価(ページランク)が上昇すると、検索時の結果でより上位に表示される
3.同じジャンルのサイトと相互リンクする事で、1.2.の効果が倍増される
  ※同じジャンルのサイト=同じ目的を持った訪問者だから

といった原理です。

無料でできて地道にアクセスアップ!
身近なサイトからでも、先ずは初めてみませんか?

今日の一言
 「世界に広げよう、友達の輪!」  古い...(^^;
スポンサーサイト

テーマ:SEO対策 - ジャンル:コンピュータ

SEO対策 | コメント:2 | トラックバック:0 |

SEO対策と目標 そして伝説へ

さて、ようやく当サイトもGoogleへ登録されましたし、
本格的にSEO対策していこうかと思います。

ん?SEO対策って何ぞやと?
簡単にご説明しますと、
SEO対策とは、自サイトの閲覧者を増す為に行う手法の事です。

せっかくブログしてますもん。
多くの方に読んで頂きたいのがやはり本音。

このコーナーでは当サイトが行っているSEO対策の公開と、
成り上がる軌跡を、皆様に紹介していきたく思います。

効果があった対策はどんどんマネして下さいませ。
皆で成り上がろう!

で、やるからには先ず目標。

①「名古屋」+「システム開発」のGoogle検索で、3位以内にヒット。
②FC2ブログランキングのカテゴリ別1位入賞。

以上2つを当面の目標としてやっていきたいと思います。
応援よろしくお願い致します。<(_ _)>

今日の一言
 「目標を一つひとつ定めて、着々と大道を歩もう。
  それが結局は確実な発展につながる。」
 by.松下幸之助

テーマ:SEO対策 - ジャンル:コンピュータ

SEO対策 | コメント:2 | トラックバック:0 |

バーベキューとお酒と私

昨日は会社の仲間達とバーベキュー♪

買出しから場所とり、火起こしや料理等、
皆で協力しながら1つの事するって本当に楽しい。
飲み屋で飲むのとは、また違った楽しさ。
席とか無いから、自由に場所移動して、皆とお話できるのも良いよね。

そんなこんなで、いざ開始。

 ビール飲む
  ↓
 肉食う (ソセジとカルビ少々)
  ↓
 ビール飲む
  ↓
 赤ワイン飲む
  ↓
 白ワイン飲む
  ↓
 パエリア食べる (ウマァー!)
  ↓
 ビール飲む
  ↓
 柚子小町っぽいの飲む
  ↓
 純米酒飲む (ウホッ!いいお酒)
  ↓
 純米酒飲む 

うん、肉ぜんぜん食べてないわ。(^^;
でも仲間達との会話が最高のつまみでした。お酒が進む進む。
普段仕事中では中々話せない事も沢山聞けてたしね。
本当に楽しい一日でした。

今日の一言
 「会話に勝るつまみ無し」

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

販売管理のポイント - 出荷と売上と請求と入金

販売管理のメインである、出荷して売上計上し、
その代金を請求して入金されたという一連の流れについて。

この場合、
・出荷と請求が、モノ(非会計)の流れ
・売上と入金が、カネ(会計)の流れ

となります。

請求もお金の絡む会計行為と思いがちですが、
請求処理は仕訳の対象となりません。

あくまで、請求書を出すのはユーザーに支払を促すという仕訳と関係ない行為なのです。

以上を理解した上で、モノとカネの流れをしっかりおさえましょう。

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

システム設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |

孫子の兵法 - 戦に勝つための絶対原則5

『 五に曰く法 』

「戦勝に欠かせない組織力を左右する第5の条件は、規則とその運用である」という意味。

人が多く集まるほど、規則とその運用は重要になる。
つまり 強い組織作りには、確固たる規則(制度)が必要 なのである。

中でも"ほめる制度"は、必須規則の一つだと私は思う。
よく研究された"ほめる制度"とは、社員のやる気を出させ、能力を飛躍的に上昇させる効果を持つ。
これにより社員は「やらされ仕事」を脱却し「自発的な仕事」をするようになる。
全社員が自発的に仕事を行えば、どんな不況にも負けない最強の組織が誕生するであろう。

全社員が"褒めてもらえる"環境作りを、私は日々考案していきたいと思う。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

孫子の兵法 | コメント:0 | トラックバック:0 |

孫子の兵法 - 戦に勝つための絶対原則4

『 四に曰く将 』

「戦勝を収める為に四番目に重要な事は、リーダーの指揮統率力である」という意味。

本当に良いリーダーシップとは何か。
人を率いる人間に欠かせぬ、"九つの徳"を、中国の古い書物「近思録」より紹介します。

1.寛大であると同時に、締まるところは締まっている。
2.柔和ではあるが、実務は厳格にして的確に処理できる。
3.真面目であると同時に、冷たい感じを人に与えない。
4.実務能力に優れていると同時に、謙虚でもある。
5.表面は柔和であるが、内面的には毅然としたものを持っている。
6.正直で率直にものをいうが、ものいいの態度は温和で周囲の共感を呼ぶ。
7.大雑把なようで、肝心のツボは心得ている。
8.豪快であると同時に、肝心なとこには神経が細かく働く。
9.強気で豪勇だが、正義で貫かれている。


以上が、人を率いる人間に欠かせぬ、"九つの徳"である。
興味深いのは、人間の特性をプラスとマイナスの両面から
立体的かつ現実的に、捉えているところ。
※柔和⇔厳格、真面目⇔大雑把、豪快⇔神経が細かく 等

よって1人の人間が全て"徳"を身につけるのは、とてつもなく難しい事である。
が、少なくとも全ての"徳"を身につけられるよう、日々精進していきたいと思う。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

孫子の兵法 | コメント:0 | トラックバック:0 |

孫子の兵法 - 戦に勝つための絶対原則3

『 三に曰く地 』

「戦勝を収める為に三番目に重要な事は、地の条件である」という意味。
地とは、戦場の遠近、険しさや平坦さ、広いか狭いか、有利・不利等の条件である。

上記「地の条件」を、個人的観点でいえば、
"自分だからこそできる強み"ということになろう。

即座に自分の強みと弱みを、3つづついえるよう、
常に冷静かつ客観的に己を把握し、成長していきたいと思う。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

孫子の兵法 | コメント:3 | トラックバック:0 |

孫子の兵法 - 戦に勝つための絶対原則2

『 二に曰わく天 』

「勝つために2番目に重要な事は、天の条件である」という意味。
ここでいう天の条件とは、時機・寒暑・季節・環境条件等である。

すなわち、
 「夏」でも「冬」の事をしっかり考え、舵をとれ
という事。

過去の成功体験にどれ程の価値があるものか。
経営とは生き物である。
常に進化、変貌し続ける。
「今」ベストな方法を、常に考え先見力を高めていきたいと思う。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

孫子の兵法 | コメント:0 | トラックバック:0 |

孫子の兵法 - 戦に勝つための絶対原則1

『 これ経るに五事を以てし、これに校ぶる計を以てして、
 其の情を索む。 一に曰わく道 』


「これ」とは戦争の事。
「経る」とは企てる事。

すなわち、
 戦争に勝つためには、絶対原則が5つある。
 最も重要な第1の原則は、
  「トップの方針が組織の末端まで浸透しているか」 という事。
 組織の何処を切っても同じ考えの血が流れるような、
 そういう一体感が勝敗を決するのである。

ビジネスも云わば戦い。
会社という組織で勝つにはどうしたらよいか。
最強の組織作りを心がけていきたいと思う。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

孫子の兵法 | コメント:2 | トラックバック:0 |

販売管理のポイント - 売上計上のタイミング

売上計上のタイミングは業種により様々。

ソフト業界では、システムの検収時に計上し、
出版業界では、書籍の出荷時に計上するのが普通です。

では、英会話学校やスポーツジムが1年契約で
会員料金を先払いしてもらう場合はどうでしょうか?

答えは。。。
「同業種でも企業により売上計上のタイミングは異なる」
です。

上記のような場合、契約時点で1年分の売上を計上する企業もあれば、
1ヶ月毎に分割して計上する企業もあります。

こうした知識を持った上で、相手企業に売上計上のタイミングや
イレギュラーなケースの有無をよくよく聞きだすのがポイントです。

決して「この業種は○○だ!」という固定観念で設計してはいけません。
ダメ、絶対。

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

システム設計 | コメント:0 | トラックバック:0 |

販売管理のポイント - 売上の計上基準

売上の計上基準は、「出荷基準」 「検収基準」の2通りあります。

モノの出荷=売上計上なのが「出荷基準」で、
モノの出荷<>売上計上なのが「検収基準」です。

因みに我々ソフト業界は、納品後 検収をもらった後、
売上計上する「検収基準」が一般的です。

つまり、モノができて「終わり」でなく、
お客様に満足して頂いて初めて「終わり」なのです。

ゴールを間違わぬよう、品質向上に努めまっしょい!


テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

システム設計 | コメント:2 | トラックバック:0 |

販売管理のポイント - モノとカネの管理

「モノ」と「カネ」の管理を分けて考える

商品やサービス(モノ)がすでに相手先に提供されていても、
会計上(カネ)の処理はまだ、と言う事が普通にあります。

先ずは、「モノ」と「カネ」の流れを明確にしましょう。

と、赤城農林水産相に問いたい。
問い詰めたい。
小1時間問い詰めたい。

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

システム設計 | コメント:2 | トラックバック:0 |

人生や仕事の成果

人生・仕事の結果は、 「考え方×熱意×能力」 できまるとの事。

いくら能力が高くやる気があっても、
考え方が非社会的(マイナス)だと、結果は必ず失敗する。

自分の利益しか考えなかった、ホリエモンやミートホープを見れば
この公式の信憑性がよくわかります。

能力が低くても、世の為人の為、コツコツやっていきまっしょい!

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

人生哲学・思想 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。